杭工事が完了しました。

いよいよ、本格的にスタートした岡崎福岡の家!
杭工事に入りました。 今回は柱状改良杭を使います。
柱状改良杭とは、セメント系固化材と水を練り混ぜた液体をを注入しながら、特殊な機械で掘削し、円柱状の改良体を形成するものです。


↑まずは杭を打つ位置に印を付けていきます。


↑こちらが穴を掘る特殊な機械


↑この袋が杭になる魔法?の粉(固化材)


↑ご覧の通り、しっかり固まっています。
深さ5mの杭(改良体)を31本!
3mの杭を44本!
2.5mの杭を40本!
合計115本もの改良体を形成しました。


外装改修工事

当社が26年前に豊田市内で手掛けた住宅です。
先代からのお付合いをさせて頂いています。
今回は外壁改修の依頼を受け点検を兼ねた現地調査に来ています。



鉄骨造 2階建ての住宅ですが、古さを感じさせない造りです。


屋根や防水の劣化状況など確認しました。  ↑↑ココの木は下から見るとこんな感じ↓↓


どの部屋からも庭が見える造りとなっています。もちろん玄関からも!


ショールーム見学

まだまだ計画途中ではありますが、設備機器のおおよその金額を把握出来るため、ショールームへ見学に来ました。



間知石積擁壁完了

間知石積みが完了しました。




来週、完了検査を受ければ、いよいよ建築工事がはじまります。


page top ↑