MODE:12
施工事例を見る
無料メール相談受付中

NEWS

本音でつくる、まいにち住む家

case1働き方で、家づくりは変わります。

夫は深夜に工場から帰ってくる。
たとえば、作業着をすぐ脱げてすぐ洗える勝手口。

工場での仕事に限らず、帰宅が深夜になる働き方はあります。
この場合、たとえば勝手口があれば便利かもしれません。
勝手口に入ってすぐに汚れた作業着を脱げるスペースがあれば玄関を汚すことなく洗濯できます。
家族みんなにとって暮らしやすい工夫のひとつになります。

将来的に、家で仕事をしたり教室を開く予定がある。
はじめから玄関は2つ。看板を付けるだけで教室に。

将来的に働き方を変える予定のあるお客様もいらっしゃいます。
例えば、4年後にピアノ教室を開く予定がある場合なら
玄関を2つ作っておくと、将来の出費を抑えることができます。
費用の面だけでなく、動線やセキュリティにも気を配れます。
教室を開くまでは、客間として教室のスペースをお使いいただけるようにします。

case2大切なもので、家づくりは変わります。

みんなで行くアウトドアはうちの家族の大事な時間。
バーベキュー道具やテントを洗える便利なスペースを用意

家族みんなで楽しむ時間を大切にする家づくり。
例えば、アウトドアで楽しむ時間を大切にするために、できることがあります。
テントを洗って干しておける便利なスペースを用意できれば
道具のメンテナンスが、ぐっと楽になります。

ワンちゃんと一緒にいる時間を大切にしたい!
ケージは使わずに同じ空間で過ごせる工夫

例えば、犬が苦手の友人が家に来たときに、
ワンちゃんも友人もいっしょにいられるような空間が作れないか、考えてみます。
見るからに窮屈なケージではなく、段差や目印を使って空間を仕切れば
お互いが気分よくいっしょにいられるかもしれません。

「あなたが家に合わせる」のではなく
「あなたの暮らしに合う家」を。

世の中は「人の暮らしに合わせた家」ばかりではありません。
効率的に生産した家に住み、人の方が家に合わせることもあります。
それでもいいよ、というかたもいるかもしれません。

でも、暮らしは「人それぞれ」だと思います。
特別な趣味がなくても、働き方、料理、お風呂・・・
ひとつひとつ見れば、大切にしていることは人それぞれ。

あなたの暮らしに合う家に住めば
まいにちが気分よく、うれしいものになります。

だからこそ本音で、暮らしに合う家をつくります。

まずは施工事例をごらんください。
施工事例

page top ↑